from youku - タッキー&翼 ~ 恋詩-コイウタ-

細い路地裏に咲いてる花のように
誰も気づかない 咲かせた戀心

いつもすぐそばに いつでも屆く距離に
いたのに見落とした 俯いていたから

ポッカリ空いた 君との時間 あの日の涙を
拭えず また 思い出すよ 忘れられないんだよ

ねぇ、覚えてる?
ねぇ、聴こえる? 過ぎたことのように思うけど
ねぇ、その聲もそのしぐさも 僕はまだ覚えてる
伝え損ねた想いがまた 僕の心かき亂すよ
この悲しみも ねぇ、いつかは微笑みに変わるかな…

暮れる街並みに ぼんやり浮かんだ月
ふわりと包み込む 紫陽花色の君

今更だって思うんだけど どうしようもなくて
懲りずに また思い出すよ 滲んでゆく戀文

もう 會えないの?
例えば ほら、この痛み 和らいだ頃
ねぇ、會いたいよ 偶然でも 僕は構わないから

少しくたびれた心 溫もりを降らす雨
ジンと染みるこの胸に 憂い歌う君への詩

ねぇ、會いたいよ
ねぇ、會えないの? こんなにも想ってるのに…
ねぇ、その聲も そのしぐさも 僕はまだ覚えてる
伝え損ねた想いもほら そっと包み込む戀詩
この悲しみも ねぇ、いつかは微笑みに変わるだろう

有如綻放在小巷中的花朵
在無人注意下 綻放的戀愛的情感

總是近在身旁 隨時在觸手可及的距離中
卻不曾看見妳 只因我始終低著頭

與妳共度的時光 從此一片空蕩蕩 那一天的淚水
還留在臉上 又再次 想起 就是無法忘懷

吶,妳還記得嗎?
吶,妳聽見了嗎? 雖然一切彷彿已成過去
吶,妳的聲音 妳的一顰一笑 我都還記得
不曾傳達給妳的心意 至今仍擾動著我的心
這一份哀傷 吶,是否會有化作微笑的時候…

在幕色低垂的街景裡 朦朧浮現的月亮
溫柔地籠罩著 紫陽花色的妳

雖然我也知道太遲 卻無法控制自己
再三地 不斷想起 淚眼下模糊的情書

是否 已無法再相見?
譬如說 妳瞧,當這股痛楚 開始和緩的時候
吶,好想見妳 哪怕只是碰巧 我也不在意

有些累了的心 下著溫暖的雨
給刺痛了的心 一首為妳而唱的憂傷的詩

吶,好想見妳
吶,是否已無法再相見? 即使我是如此的想念妳…
吶,妳的聲音 妳的一顰一笑 我都還記得
不曾傳達給妳的心意 悄悄藏入這首戀詩
這一份哀傷 吶,終會有化作微笑的時候吧

MrD 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()